<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トミー、ブログ移転します!!


こんばんは
トミーです

以前ちらっと書きましたが、
ブログ移転します!!

今後はこちら↓

http://wonthewall.exblog.jp/
writing On The Wall:Tommy's Dairy


に書いていきます


まあ

元々自分で始めたブログではなくただ占拠しとるだけだったから笑、自分のページが欲しかっ



とか

バンドブログにうどんネタ書き続けてもね笑

とか

色々あったりしてですね


とにかく今後はこちら↓

writing On The Wall:Tommy's Dairy


にて、よろしくお願いいたしますm<_ _>m

TOMMY
[PR]
by rough_stuff | 2013-05-16 00:45 | 雑記

D.D.T #2に往年のPUNK LIVES!!の幻を見た 後編


つづき


まさかまさか

こんなメンツの中で

LRFが見れるとは思わんかった!!!

e0184090_22495158.jpg
e0184090_2250542.jpg


1曲目、Yes,We Are The FinalistsでもなければAin't Done Yetでもなく
3 More Yearsからでもううおっとなり

今回ギターのオサムさんが最高のギターヒーローで

タニさん、ファッティももうそれはいい感じで

めちゃめちゃタイトにまとまってかっこよかった印象が強かったす

こないだからスズキケンタくん(Raw Distractions)と話す度に彼もLRFが好きなんだけどまだ未見で、On The Alps Terraces見たいなー言っとって

残念ながら今回はセットに入っていなかったけど、また今度一緒に見よう、歌おう!!
僕根っからのドラキチだけど

いいんだ、巨人ファンの野々村真も板東英二の燃えよドラゴンズをフェイバリットソングにあげとるんだで

終了後も『またお願いしますねっ!!』と何度も言う岡田さん(Original John)に尊敬の念を覚えたり


The C-3's

e0184090_2355531.jpg


初めてだったんですが、何故かナゴヤのガールズバンド臭をプンプンと感じてしまった
やはり四日市、近いからだろうか
そんなNEW WAVEな雰囲気の中にちょっとSWANKYSな香りを感じてしまったワタシなのでした


んでSkizophrenia!

ここで大トラブル!!


デジカメ電源入らんくなった!!泣泣




スキゾ終わってしまった



電源入るようになった!!!泣泣泣泣

なんだったんだ、肝心なところで・・・
そろそろこのデジカメも寿命なのだろうか・・・・

スキゾ、メインステージ唯一のハードコアパンク、ぶちかましたってくれました
いつも通りクールに、ではあったけど、どらどらすげかった


バーステージのトリ、The クルマ

e0184090_23154710.jpg


キレッキレのステージでした
そら盛り上がるわな
クルマはいつもタイトでメロディアスで
パフォーマンスも魅力的で
よろしいなあ




いよいよクライマックス、Wレコ発です

まずはNANA GNAR GNARから

e0184090_23201940.jpg


あまり得意ではないだろうMCを一生懸命がんばるナナやんにお兄ちゃんはマジ感動したよ
(notおじさん)

ナナちゃんブログに当日の模様あるけど、本当に見てるほうにもグッとこらえるモリタパイセンが伝わってきまして
ラストのMEBIUSではフロアで感動のあまり涙する方多数発生
かくゆうワタシもじんわりきてしまったんですけどね


涙がですよ


そしてそしてThe Prisoner

e0184090_23314496.jpg



もうね
この日のプリズナー、おっそろしく気合集中バッキバキでして
それがひしひしと感動と共に伝わってきて

僕は新曲のColoursが好きなんだけど
この日のColours、めちゃめちゃ伝わってきて

僕は 思い出とか いらないから 今が欲しい

てね

切ない程に刹那的で
それをこんなにシンプルなワードで示してくれて

Oi,Skinheadを通った先輩が示してくれた言葉は
もうすごい切なく胸に突き刺さりました

最中涙で顔をベトベトにした先輩が言ってくれた
『また一緒にやろうよ・・・』
という言葉、その表情、その瞬間、絶対忘れません
やりますよ
やらなきゃ嘘だ


感動、感動しっぱなしで無事ライブ終了!!


最後は打ち上げでの麺々でお別れです

e0184090_23504056.jpg

ミミちゃん
どうやらcrucified clockwork soldierのようです

e0184090_23522374.jpg

こらすごい

e0184090_23524411.jpg
e0184090_23531259.jpg

e0184090_23533390.jpg
e0184090_23534663.jpg
e0184090_23535928.jpg



先輩方、あざます!!

そしてそして

こんな最高のGIGをしかけてくれたナンカくん、オカダさん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
今度はなんかしらの形でお手伝いできたらよいなー、なんて思っとります!!
[PR]
by rough_stuff | 2013-05-10 23:59 | 音楽

D.D.T #2に往年のPUNK LIVES!!の幻を見た 前編


ども
トミーです

e0184090_23583392.jpg


というわけで毎度遅くなりましたが笑
振り返ります




会場の新宿ロフトに向かう途中で
ヨシオフレニア、イソフレニアにばったり路上で遭遇
カレー屋でメシ食っとったとのこと、中でまだペーちゃん(ZETU)が大盛りカレーと格闘しとる
というので中に入ってハゲましてきました
ペちゃんもさぞびっくりしたことでしょう、カレー吐きそうになっとった

その後これらの麺々を連れて新宿ユニオンへ
黙々と選ぶ麺々
真剣なまなざし

e0184090_23484238.jpg


その後ロフト前へ
オープン時間間違えて早く来てしまったので前でウダウダ、
途中階段のぼってきたタケシくん(Hat Trickers)がこないだ帰讃した際の讃岐うどん話で盛り上がり(タケシくんは津田出身)、その後現れたスキゾ勢、久しぶりのクルマ勢とどうでもよい与太話

オープン時間となり、いざ中へ

この日前もって告知されとった先着50名対象のプリズナー特典、ワタシも恩恵にあずかることになり、え、よいんですか?とタカシさんご夫妻前にドキドキしながらTシャツを頂く

なによりあのプリズナー会員証を頂けてしまったことが超嬉しかった

開演までダベリダベリ

e0184090_2353519.jpg
e0184090_2354996.jpg


そして物販ブースを物色
この日急遽大阪Closer物販を任されたマツジロウさんと談笑、続けて実は初めましてのVORTEX
の皆々様にご挨拶、と

やいのやいのしとったら開始!!

Young Parisian

e0184090_23585792.jpg


のっけから背中に鯉のぼりさしたツネさんに笑ってしまいました笑

いつも思うのですが、本当にギターさん始めとしたリズム隊の皆さんの出音が素晴らしい!!
まさに70s ROCKの音

fragments

e0184090_005036.jpg


物販で音源集もゲット致しました
曲の食いの部分がOLD感よりも90s感を与えます


度肝を抜かれた切腹ピストルズ

e0184090_031344.jpg


事前にDJちくんより

e0184090_04964.jpg


『切腹のカバーがすごいんすよー』

と聞いてはいたが
この日のカバーがなんとSham69のRip Off

確かにすごい
サビの刻みの部分以外

よおわからん笑

でも日本古来の音で勝負する姿勢、迫力あるエレキ三味線、いやーやられましたわー

e0184090_082975.jpg


The Cokesの情熱的(に僕は感じた、いやすごくよい)なステージを見ていると

e0184090_084725.jpg


写真わかりにくいですが

パンサーくん(ex オレっちくん)発見!!

ふっ、そのキュートな左頬のほくろですぐにわかったゼ

なんか東京に来たらしいのはどこかから聞いてはいたけど

本当に会えるとは思わなんだ、神戸以来2年くらい久しぶりの再会!!

そんなパンサーくんは僕の一個上です


久しぶりのHat Trickers

e0184090_016519.jpg
e0184090_017578.jpg
e0184090_0172228.jpg


いやー圧巻でしたな

今回新曲数曲やってましたな
サイコなイメージのあり、よかったです、また聞きたいなあ

BARステージに戻るとVendetta

e0184090_0194222.jpg


いーねー、お客さんと一体になれるBARステージが似合う似合う笑
コダマくん飛び過ぎ笑笑


長くなったので
後半へ
ツヅック
[PR]
by rough_stuff | 2013-05-10 00:25 | 音楽

新宿にて

e0184090_13503858.jpg


物語は唐突に始まる

いきなりフレニア勢+ぺーちゃんと合流

ぺちゃんカレー残しとりました
[PR]
by rough_stuff | 2013-05-05 13:50 | 音楽